4/03 米兵、泥だらけの高校清掃=生徒らと協力-宮城

津波で校舎が浸水した宮城県石巻市の県立石巻工業高校で

 

30日、日本各地に駐留する在日米軍の兵士約50人と

 

自衛隊員が、同校生徒らとともに、泥だらけになった校内の

 

清掃を行った。

 


 

同校は延期された2次募集の入学試験を4月5日に

 

控えており、片付けが必要なため、石巻市が自衛隊に

 

協力を要請していた。

 


 

午前9時前、大型トラックなど5台で現地入りした海兵隊と

 

陸海空軍の米部隊は、陸上自衛隊第6師団の隊員約40人と

 

校舎前に整列。

 

教職員や生徒ら140人を代表してあいさつした小黒秀紀校長が

 

「皆さんの親切は忘れません」

 

と英語で呼び掛けた。

 


 

米兵らは掃除用具を手に校舎内各所に散らばり、自衛隊員らと

 

身ぶりでコミュニケーションを取りながらがれきや泥を除去。

 

泥に足を取られた生徒に、ほほ笑みながら「OK?」と手を

 

差し伸べる姿も見られた。

 


 

海兵隊のショーン・マクマーン中尉は

 

「皆さんの(災害から)立ち上がろうという強い不屈の精神に

   感銘を受けている。日本に駐留しており助け合えることは

   うれしい」

 

と述べた。

 

自衛隊によると、米部隊は同市内で今後、五つの小学校で

 

がれきや泥の除去作業を計画しているという。

 

 

 

 

 

 

 

 

Twitterボタン