5/30 (婚活 大阪)正しい婚活のススメ ②

いつもご覧いただきまして、ありがとうございます。

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------



婚活は、簡単ではない。


今回は、その意味を実例でお話します。




以前、私たちに来店されたAさん(53)が、こんな事とおっしゃいました。。


「知り合いの紹介だったら、費用いらないですね」


確かにそうです。


ただ、知り合いから紹介される異性に対する保証はあるか?と


いうことです。


例えば、紹介される方が


・本当に独身であるか?

・在職、収入の証明は?

・身元確認は?

・家族構成は?


などなど、知り合いの方がすべて保証されて、お断りする場合も


仲立ちしてくれるなら、そちらをオススメします。


と、申し上げたのが半年前です。




先日、Aさんから電話があり来店されました。


私「その後、良い方とお会いできましたか?」


A「・・・」

  泣き出す・・・


私「どうしたんですか?」


A「私、ダメです。」

  泣きながら


私「なにがダメなんですか?」

  ちょっと、オドオドする私。


A「あれから、友人に紹介された男性とお付き合いすることに

  なったんですが・・・」


私「はい」


A「紹介してくれた知り合いと不倫していた男性なんです。」


私「あらら・・・」


A「その知り合いが、男性と縁を切りたくて私を紹介したんです。」


私「でも、その男性は独身なんですね?」


A「そうゆう問題じゃなくて!」




確かに、そうゆう問題じゃないですね。


その後、Aさんは私たちがお世話することになったんですが、


半年間のロスは、取り戻せませんね。


Aさんは、婚活なんて簡単だと思っていました。


知り合いの紹介が、うまくいけばいいですが確率的には


ハイリスク、ローリターンですね。


同じような方が、今年に入ってAさんを含めて3名おられました。




世の中に「婚活ブーム」が起こり、結婚相手探しが簡単である、という


考えが広まりました。


しかし、そのツケが今頃まわってきたのです。


ブームの初期は、婚活に関する知識があまりなかったと思います。


最近は、各種情報が発信されてみなさんにも情報と知識が入って


来るようになりました。




それでも、大きな勘違いは


「婚活することが目的」


ではなく


「結婚することが目的」


であることが忘れがちなんです。


婚活にかかる費用は、その方の価値観です。


格安を特徴とする業者様の場合、自身の価値観の低い方が集まります。


このことについては、次回にお話します。




結婚が目的であることを忘れずに、自分にあった婚活の方法を探してください。






最後まで、お読みいただきましてありがとうございます。


私たちのコラムをご覧いただいた、婚活されている全ての方が


どうぞ良縁にめぐり合えますように・・・









がんばっぺ! 福島

Twitterボタン


弊社HP(トップページ中段)に「消息情報」を掲載しています。ご活用ください。





======================================================================================

 

◆Ameba
http://ameblo.jp/legende-jp/

 

◆Twitter
http://twitter.com/Legende_senboku

 

◆Facebook
http://www.facebook.com/naoto.okazaki

 

◆メルマガ《まぐまぐ》
http://www.mag2.com/m/0001284991.html
(あなたのメールアドレスは、こちらにはわかりません。)