5/01 こいのぼり、元気伝えて 被災地に笑顔をお届け

いつもご覧いただきまして、ありがとうございます。




こいのぼり、元気伝えて 被災地に笑顔をお届け

KOL net より





◎寄せ書きで被災地応援/東京の住民グループ


東日本大震災の被災地を励まそうと、東京都江戸川区南葛西の


「なぎさニュータウン」の自治会が29日、メッセージ入りの


こいのぼりを作った。30日から5月5日まで団地で揚げる。


団地住民のほか、地震で液状化現象が起きた千葉県浦安市から


招いた子どもたち計約420人が集まり、住民が寄付した


約6メートルのこいのぼり2匹に


「子どもの笑顔は明日への力」


と大きく記した。

うろこ部分には、一人一人が


「希望の光は必ず見えてきます」

「できることを一生懸命やります」


などと寄せ書きした。

自治会は毎年、古里の思い出を満喫する四季折々の催しを開いて


いる。震災で4月の行事を自粛したが、こいのぼり実行委員長の


坂井孝司さん(64)の両親が仙台出身で、妻弘子さん(63)も


仙台にゆかりがあることから、東北にエールを送る内容に変えて


端午の節句を祝うことにした。

坂井さんは


「被災地にこいのぼりを贈ることも考えたが、迷惑になるかも

 しれないので控えた。私たちにできる方法で、少しでも

 勇気と力が湧くメッセージを伝えたい」


と話している。







◎岩手・山田町に100匹/北上から出張



桜の開花時期に合わせて例年、北上市展勝地公園近くの北上川に


こいのぼりを設置している同市の市民団体が28日、被災地の


岩手県山田町にこいのぼり約100匹を飾り付け、被災者たちを励ました。


震災への配慮などから、北上川へのこいのぼり設置が見送られたの


を聞き付けた山田町の宮司佐藤明徳さん(49)が、北上市観光


協会と市民団体「北上川に鯉(こい)のぼりを泳がせる会」に


働き掛けて実現した。

会のメンバー約20人が、避難所にも近い山田町役場隣の駐車場


などにクレーンを使ってこいのぼりを飾り付けると、近くの


保育所園児たちから「わあ、大きい」などと歓声が上がった。


泳がせる会の高舘博人会長は

「元気に泳ぐこいのぼりを見て、被災者に少しでも元気になって

 ほしい」

と話した。





震災復興支援掲示板福島市内版


Twitterボタン





弊社HP(トップページ中段)に「消息情報」を掲載しています。ご活用ください。