4/10 「相馬救援隊」立ち上げ 旧藩主子孫の兄弟

「相馬救援隊」立ち上げ 旧藩主子孫の兄弟

 KOL net より

 


東日本大震災に伴う津波で沿岸部が壊滅的な被害を受けた

 

福島県相馬市で、旧相馬藩主の子孫が地元のために

 

ボランティア団体「相馬救援隊」を立ち上げ、食料や衣類を

 

被災住民に届けている。

 

 

救援隊は、北海道大樹町で牧場を経営する相馬行胤(みちたね)

 

さん(36)と、陽胤(きよたね)さん(35)の兄弟が東京

 

都内の友人らと結成した。

 

インターネットなどで物資の提供や運搬協力を呼び掛け、

 

トラック数台で東京都内の倉庫から相馬市まで運んだ。

福岡市で会社を経営する陽胤さんは

 

「震災報道を見て居ても立ってもいられず、相馬に戻った。

 何かできることはないかと救援隊を結成した」

 

と話す。

兄、行胤さんは34代目に当たる。

 

毎年7月に開かれる国の重要無形民俗文化財「相馬野馬追」の

 

総大将を務める家柄で、兄弟ともに地元で「若殿」と呼ばれ、

 

親しまれている。

 

北海道と相馬を行き来しながら、これまでに東京から4度、

 

支援物資を集めた。

 

事務所代わりの相馬中村神社に運び込んだ物資は、市内の

 

避難所や隣の新地町や南相馬市にも配られた。

物資不足はある程度解消されたものの、現在も相馬市内では、

 

約1900人が避難生活を送る。

 

救援隊は今後、沿岸部の復興など長期的な支援を視野に入れる。


 

今年は相馬藩の居城、相馬中村城開城から400年。

 

相馬野馬追は週末開催に変更されるなど、転機の年だ。

 

「野馬追は飢饉(ききん)や太平洋戦争の時も中止しなかった。

 災害になんか負けない」

 

と、陽胤さんは力強く前を見る。

 

 

 

 

 

震災復興支援掲示板福島市内版

 

 

 

Twitterボタン

 

 

 

 

弊社HP(トップページ中段)に「消息情報」を掲載しています。ご活用ください。