10/06 婚活参考編(津山の春①)

私は、高校生の時から通っている理容室があります。 そこは、夫婦で経営されていて店舗付住居を30年 前に購入されて現在に至っています。 二人のお子さんは大学まで行き、今はお二人とも 立派に成人され、誰でも知っている企業で活躍され 幸せな家族を築いています。 . 今日は、このご夫婦の取り持ったご縁のお話をしたいと 思います。 . 理容室は、人通りが多い商店街や駅前にあるわけでなく、 駅からも遠い、人通りの少ない場所にあります。 でも、条件的に不利なこのお店が30年以上も営業を 続けている理由は、このお店のご夫婦の人柄、誠実さ へのファンがたくさんいるからです。 私もその一人です。 . 私が独立して結婚相談所を始めた時も、非常に喜んで いただき、今も . 「うちは、レジェンデの営業担当ですよ」 . と、まで言っていただいてます。 . . 先日、お店に行って色んな話しをしていたら姉さん (オーナーの奥さん)が・・・ . 「そういやあ30年前、仲人したことあってんで。」 「ええっ、30歳代で仲人したんですか?」 「そうやねん、岡山県津山市に実家がある子がな、 学生(下宿)の時から来てくれててんけど、 その子がな、26歳になった12月にな・・・」 . . ◇30年前の12月初旬の日曜日◇ . 「あんた、正月は実家に帰るんか?」 「はい、けど・・・」 「けど?」 「けど、お見合いの話があって・・・」 「お見合い、よかったやん。」 「でも、断ったんです。」 「断った?」 「はい。」 「それで元気ないんか?」 「そうじゃなく、お見合いを断った理由として」 「理由?」 「今、彼女がいるからって言ったんです」 「彼女がおったら、しょうがないね」 「いや、彼女いないんです」 「まあ、お見合いしたくないから、嘘言ったんや」 「はい、そしたら両親が『彼女、連れて来い!』って 言われたんです。」 「ありゃ!、それは大変やん」 「はい・・・」 . と話していたら、兄さん(オーナー)が姉さんに・・・ . 「あのな、〇〇さんこないだ来てくれたやろ?」 「〇〇さん?、うん」 . 〇〇さんとは、兄さんの店に来て、非常に気に入ってくれて 常連さんになった第一号のお客さん。しかも旧家の奥さん . 「〇〇さんとこの娘さん26歳やねんけど、ええ人おらんか? って言われてんねん」 「ほう!」 「その娘さんと会ってみたらどうや?」 「そうやんな?、■■くん、どう?」 「ええっ?」 「そうや!善は急げや、今から〇〇さんに電話するわ!」 「えっ?でも・・・」 「正月に、彼女連れていかなあかんえんやろう」 「はい・・・でも・・・」 「男やったら、はっきりしろ!」 「はい・・・、お願いします・・・」 . 兄さんは、すぐに〇〇さんへ電話して■■くんの話をしたら ”家に来てください”と言われました。 兄さんは、仕事なので今日の夜に〇〇さんのご自宅へ■■くん を伴って行くことになりました。 . . 婚活参考編(津山の春②)へ、つづく・・・ . 人気ブログランキングへ . 子ども虐待防止「オレンジリボン運動」